物件をCSVで追加

物件のデータを他の物件管理ツールや Microsoft Excel でお持ちの場合、所定のフォーマットに合わせてデータを作成いただき、CSVファイルとして書き出していただくことで、物件データを一括インポートできます。

フォーマットは以下でご確認いただけます。Excel やメモ帳で開くことができます。

サンプルCSVをダウンロード

以下、CSVファイルインポートの際の留意点です。

  • サンプルCSVのフォーマットをご利用ください。(1行目はそのままで、2行目からご入力ください)
    ※文字コードを「Shift_JIS」のまま変更しないでください(Excel、メモ帳で編集する場合は通常問題ありません)
  • 一度に登録できる件数は1,000件までです。それ以上は、複数のCSVファイルに分割してご登録ください
  • 建物管理番号が既存の物件と同じ場合、CSVの情報が上書きされます
  • 1つの物件に複数の部屋を登録する場合は、同じ物件情報を複製し、部屋番号・部屋管理番号のみ変えてください
  • 既存のオーナー名が含まれている場合、オーナー情報(オーナー名〜オーナーファックス番号まで)は上書きされません。新規のオーナー情報のみ登録されます
  • 営業担当者は既存のユーザーである必要があります。(空欄の場合、管理者が自動割当されます)

非常に簡単に大量の物件をインポートすることが可能です。
ExcelファイルからCSVに書き出す方法など、ご不明な点はいつでもお気軽にお問合せください。

2017/12/20 更新