レポートの編集・出力

前のステップでレポートを作成したら、ほとんどのデータが自動で入っているはずです。
その物件に割り当てられた住所やオーナーの氏名・住所などはもちろん、写真につけたコメント等。

したがって、レポート編集画面ですることは、少しの空欄を埋めたり、写真を追加・削除したり、コメントを編集したり、点検結果を入力するだけです(一括入力が可能です)。

また、同じ物件の2回目以降のレポート作成時には、前回の点検結果を引用、前回添付した写真を参照でき、より一層ラクに作成できます。(ほぼ同じ内容を報告する場合は、複製でもっとラクに。)

上級編として、オリジナルのテンプレートを作成することもできます。詳しくはこちらをご覧ください


レポート編集画面で必要な項目を入力

初期テンプレート「建物巡回点検報告書」の場合の編集画面を見てみましょう。

  • A レポートのヘッダーです。初めて作る時でも、標準でこれらの文字情報が入っています。
    上の報告日には、オーナーに提出する日を入力してください。オーナーが専用画面でレポートを閲覧できるようにしている場合(詳しくはこちら)は、この日にオーナーに公開されます。未入力の場合は公開されませんのでご注意ください。
  • B 点検結果パーツです。
    巡回点検業務の場合は、ここが作業の中心になります。
    点検項目(カテゴリ)のリストに対して、前回点検結果、今回点検結果とその写真、特記事項・コメントを入力できます。点検項目のリストにはカテゴリセットを指定できます。
    写真は、写真管理画面から写真を選択しレポートを作成した場合は、その写真が表示されます。また、ここから新しく追加することも可能です。青い[写真を選ぶ]ボタンを押すと表示される写真一覧から選ぶか、[写真を追加]ボタンで写真ファイルをアップ/撮影します。レポートから追加した写真は写真管理画面にも同時にアップされます。
  • C 写真パーツです。点検結果パーツで添付した写真が表示されます。ここから直接写真をアップすることも出来ます。「写真の体裁」で、ページに何枚配置するか選べます。
  • D 対応前・対応後写真パーツです。写真パーツと似ていますが、体裁が異なります。
  • E レポートの編集作業が終わったら保存してください。その後、レポートを印刷、PDFで出力、複製できます。(複数のレポートを一括ダウンロードするには、レポートの管理・一括ダウンロード をご覧ください。)
  • 1 印刷ON/OFFボタンです。このボタンが指している項目を印刷する/しないを選べます。
  • 2 改ページマークです。ここで強制的に改ページされます。印刷ON/OFFボタンで改ページしないようにも出来ます。体裁が変わるので、印刷プレビューで確認しながら調整してください。

ver8_4-edit_report

印刷プレビューで印刷イメージを確認

レポート編集画面で [レポートを印刷] ボタンを押すと、レポート印刷ページへ移行します。
以下の画像内のA〜Dは、上のレポート編集画面のA〜Dに対応しています。
このように編集すると(編集作業中の画面のイメージ)、以下のように印刷されます。

ver8-edit_report2-1

レポートの出力イメージのPDFはこちらから閲覧できます(Acrobat ReaderなどのPDFリーダーが必要です)。
※このサンプルPDFは、オンラインでの配布用に画像を圧縮しサイズを低下させています。実際は写真が大きいほど綺麗な出力結果になります。

印刷・またはPDFでダウンロードしてオーナーに報告

A4サイズで印刷して三つ折りにし、窓付き封筒に入れると、オーナーの住所が窓から覗くようになっています。
封緘し、お送りください。

また、PDFでダウンロードしてメール添付して送ることも可能です。
複数のレポートを一括ダウンロードするには、レポートの管理・一括ダウンロード をご覧ください。

オーナーの方によっては、 上級編: オーナーが専用画面でレポートを閲覧できるようにする を希望されるかもしれません。状況に応じてご利用ください。