4. 明るくて気持ちのよい物件写真を撮ろう! -露出・ホワイトバランス-

明るくて、清潔感のある写真は見ていて気持ちが良いものです。また、温かみのある写真は見る人に安心感を与えます。これは物件の写真にも言えることで、暗い写真や色のバランスの狂った写真はそれだけでマイナスの印象になってしまいます。このページでは、明るい写真や写真のすっきりとした色味についてお教えします。

見た目よりも暗い写真になってしまうのは?

撮影した写真が見た目よりも暗くつぶれていたという経験は、ほとんどの人がもっているのではないでしょうか。俗にいう逆光写真が典型的な例なのです が、物件撮影の場合は特に、逆光で部屋の中が真っ暗な写真になりがちです。窓のあるお部屋を撮影するときには、窓も入れ込んで撮影することが多いですよ ね。すると、窓から入ってくる光が逆光になって、キレイに写すべき部屋の中が真っ暗になってしまうのです。

BN_Photo_35
窓から入る光の影響で逆光になった写真

そこで、逆光に近い条件で物件を撮る場合は「AEロック」というテクニックを使います。スマートフォン(iPhone)では画面をタッチするとその場所にピントが合うことは割とよく知られていますが、画面の中を長押しすると、その位置にピントを合わせると同時に(タッチした部分の)明るさを計り、この範囲で明るさを調整してくれるのです。逆光などで明るさがしっくりこないときは、被写体の明るすぎず暗すぎないちょうどよい明るさの部分を長押してAEロックで明るさをコントロールし、気持ちのよい明るさの写真を撮ることができます。

窓の明るさが影響して全体が暗くなってしまっているので、少し暗めの要素である床のあたりを長押ししてみる
窓の明るさが影響して全体が暗くなってしまっているので、少し暗めの要素である床のあたりを長押ししてみる

 

それでもうまくいかないときは、窓など極端に明るい被写体を避けられるアングルで撮るか、写真レタッチアプリなどを使い、後処理で明るさを調整してみましょう。
それでもうまくいかないときは、窓など極端に明るい被写体を避けられるアングルで撮るか、写真レタッチアプリなどを使い、後処理で明るさを調整してみましょう。

写真の色が不自然な時は

撮った写真の色が不自然にオレンジがかっていたり、黄色かったり、青白かったりしたことはありませんか?撮影したあなたが不自然と感じた色味は当然、ほかの人から見ても不自然で違和感をもたれてしまうことでしょう。

BN_Photo_38
色のバランスがくるった例(電球や蛍光灯など人工光源だとこのような症状が出やすいです)

 

残念ながらiPhoneのカメラでは、設定項目が非常に少ないため撮影の時点で色のバランスを狙い通りにコントロールすることは非常に難しいので、

  1. 少し明るめに撮影してズレた色味を目立たない方向でまとめる。
  2. 有料の高機能なカメラアプリで色温度といわれるパラメーターを操作して撮影する。
  3. レタッチソフトの色温度というパラメーターをいじって後から調整する。

というのが現実的な手段となります。

できるだけ高機能なカメラアプリを使用し、ホワイトバランスを調整して撮影するとよいでしょう。高機能なアプリは多くの場合有料ですので、インストールしていない場合は、ちょっと明るめに撮影して色のズレをできる限りごまかしてしまうか、写真レタッチアプリで後処理するのがよいでしょう。

BN_Photo_39
上の写真をレタッチアプリで明るくしたもの。不自然さは軽減されている。

 

BN_Photo_40
高機能なカメラアプリProCam
撮影しながらホワイトバランスの調整が可能

ProCam 2 App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: ¥100

BN_Photo_41
レタッチアプリPhotogene
色温度というパラメーターを調整すると色に関する違和感は緩和されることが多い

Photogene ⁴ App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: ¥300