写真の明るさと標準反射率【カメラと写真のマメ知識】

写真の明るさを決める数値

写真の明るさというのはどうやって決めているのでしょうか?

カメラは撮影するときに画面の明るさを計っています(計測する範囲はカメラによって、また設定によって違います)。そして、計測したエリアの明るさの平均値を計算します。カメラは算出された平均値を「18%グレー(標準反射率)」という明るさになるように、写真全体の明るさを調整しています。

「18%グレー(標準反射率)」は、これくらいの灰色
「18%グレー(標準反射率)」は、これくらいの灰色

ちょっと難しいかもしれませんが、カメラは明るさの平均値をグレーにしようと働くので、例えば白い壁、白い天井が大部分を占める被写体だと、全体的にグレーにしようと写真を暗めに出力し、逆に黒主体の被写体だとこれをグレーに近づけるため全体を明るく出力しようとします。

暗い背景の写真・実際の見た目
暗い背景の写真・実際の見た目

 

暗い背景の写真・18%グレーに近づけるため実際よりも明るく撮れている
暗い背景の写真・18%グレーに近づけるため実際よりも明るく撮れている

 

明るい背景の写真・実際の見た目
明るい背景の写真・実際の見た目

 

明るい背景の写真・18%グレーに近づけるため実際よりも暗く撮れている
明るい背景の写真・18%グレーに近づけるため実際よりも暗く撮れている

 

これが、写真が明るすぎたり、暗すぎたりする原因です。

もしも思ったより明るい、思ったよりも暗いという症状が出た場合は、中間の明るさの被写体を見つけて、明るさを調整すると自然な明るさを表現することができます。